Powered by Radar Relay
Powered by Radar

W-ETH ってなんだ?

簡単にいうと、 W-ETH は 「ラップされた ETH」 の意味ですが、登場人物を紹 介するところから始めましょう。

まずはじめに、イーサリアムトークンを紹介しましょう

イーサ、もしくは ETH はイーサリアム・ブロックチェーン上の第一の通貨です。

次に、オルトトークンを紹介しましょう

dApp (分散アプリ) がイーサリアム・ブロックチェーンの上に構築されたもので ない場合、その dApp は自分のトークンを実装していることが多いでしょう。 例えば、 Augur の REP トークンや、 Bancor の BNT トークンのようなものです。

最後に、 ERC-20 標準を紹介します

ERC20 は ETH がリリースされた後に開発された標準です。 ERC20 は、イーサリ アム・ネットワーク上でどのようにトークンが移動されるかということと、どの ようにトークンの移動についての一貫した記録を保持するか、ということを定義 しています。

なぜ W-ETH が必要なのか

ETH は ERC20 標準に従っていません。

上で説明したように、 ETH はイーサリアム オルト・トークンの中で最も最初の ものになります。このことは、 ETH が ERC20 標準が存在するよりも前に作られ たことを意味します。

ラップすることで、 ETH はオルト・トークンと直接交換することができるように なります

W-ETH が必要な理由は、 ERC20 トークンと ETH を Radar Relay のような 分散プ ラットフォーム上で 交換するためです。イーサリアム 上で動作している分散プラットフォームは、ユーザー間での直接 的な取引を容易にするためにスマートコントラクトを使っています。このため、 全てのユーザーが取引する全てのトークンは同じ標準に従っている必要がありま す。このことによって、トークンが変換によって失われないことが保証されます。

ラップする準備はできてる?

厄介なことですが、あなたは何もラップしてはいないのです

ETH を“ラップ”するとき、あなたはラップするのではなく、むしろスマートコン トラクトを通じて ETH と同じだけの W-ETH というトークンと交換しているので す。 通常の ETH を戻したければ、 アンラップ、つまり通常の ETH と交換し直す 必要があります。

どうでもいいから、 W-ETH をください!

Radar Relay もしくは 0x OTC に行って、 そのインターフェースを使ってください。 一度 W-ETH にしてしまえば、どんな ERC20 トークンとも交換することができ ます。

W-ETH の未来

うまくいけば、W-ETH に未来はありません

ETH がそれ自身の標準である、 ERC20 に準拠するようにコードを更新する作業 が実行されています。 妙なことだというのは私たちもわかっています。 さらに、 ERC20 は発生した問題点の解決のため、 他の標準で置き換えられるかもしれませ ん。これは ERC223 として進められています。

Radar Relay

Put your WETH to work on Radar Relay.

Open App